1. トップページ
  2. 長風呂になる女性のきっかけ

長風呂になる女性のきっかけ

【時間と温度】1時間半/42度

30歳

18歳くらいから毎日可能な限りは長風呂をしています。元々はダイエットのためです。半身浴をするために長風呂になりました。できるだけ長い時間入る様にして汗を流す様に心がけていました。半身浴を知ったのはテレビです。当時好きだったモデルの方の影響でした。

【時間と温度】1時間〜1時間半・41度前後

39歳

長風呂になったのは、大学生の頃に課題図書や趣味の読書をお風呂で汗をかきながらするのが気持ち良いと感じてから。大量に汗をかくし、身体も温まって静かにゆっくりと読書が出来るので、一石二鳥だと思い始めました。社会人になって忙しくても、夜や週末の長風呂はやめられません。

【時間と温度】2時間・43度

40代

24歳から長風呂になりました。きっかけは、一人暮らしを始めたことです。元々お風呂に入ることが大好きで、一人暮らしで制限がなくなったことが長風呂になった理由です。実家で暮らしていたときは、長風呂をすると家族に迷惑をかけてしまうので、長くてもせいぜい1時間弱といったところでした。

【時間と温度】1時間・40度

30代

長風呂は最近です。お風呂の中で歯磨きをするようになったのがきっかけです。そこから徐々に長風呂になっていきました。お風呂に浸かっていると汗が出てくるので、顔の毛穴も開き、よごれがとれるのではないか?と思って続けています。

【時間と温度】1時間半・42度

50代

長風呂になったのは、15年程からだと思います。ちょうど半身浴が流行り始めていたことだったんじゃないかと思います。当時フルタイムで立ち仕事をしていたので、帰宅する頃には足がクタクタに疲れていました。その頃には、子供の大きくなって帰宅が遅くなっていたので、時間に少し余裕が出来ていたのもあると思います。

【時間と温度】1時間半・40度

30代

30歳を過ぎた頃から長風呂をするようになりました。きっかけは寒さです。当時住んでいたアパートは暖房が効きづらく、室内がとても寒かったため、身体を温める目的で始めました。その後、入浴剤などに凝るようになってからはデトックスとリラックス目的も加わりました。

【時間と温度】1時間15分・40度

62歳

20年くらい前からです。お風呂の中だと一人でゆっくりと時間を過ごすことができるので、リラックスすることができます。日常生活でイライラすることがあっても、お風呂にゆっくり入ることで心は落ち着き、一日の疲れを洗い流してくれます。歳を重ねるにつれ、入浴時間が長くなってきたように思います。

【時間と温度】1時間半・40度

30代

子供の頃から入浴には最低でも30分は掛かっていました。ここ3年ほどは湯船につかるのは2〜4日に1度になっています。もちろん他の日にもシャワーを浴びたりするのですが、湯船につかる頻度が下がった分、入浴時間が長くなっていった気がします。

【時間と温度】2時間・40度

27歳

就職して社会人になってから。学生時代はファミリーレストランで夜勤しながら昼間大学行っていたので、今よりも分刻みの生活でシャワーですませることが普通でした。今は時間があるので、ゆっくりお風呂に浸かっています。

【時間と温度】1時間・38度

28歳

学生の頃(18歳くらい?)から長くお風呂に入っています。それまでは湯船につかるのは10分未満でしたが、冷え性に悩んでいたので、体をしっかり温めようと思って長く入り始め、それが日課になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加