1. トップページ
  2. 長風呂リラックス効果の程度

長風呂リラックス効果の程度

【時間と温度】1時間半/42度

30歳

リラックスしています。リラックスするためにお風呂場の電気は消しています。香りのいい入浴剤を入れる様にも心がけています。長時間過ごすために雑誌や本を持ち込んだこともありましたが、電気をつけないといけないといけないので防水のタブレットを持ち込み映画を見て過ごします。

【時間と温度】1時間〜1時間半・41度前後

39歳

お風呂に一人長風呂をしていると、家の事、仕事、やらなければならないであろう事と切り離せられるので、とてもリラックスできます。良い香りの入浴剤、オイル、バスソルト等を入れてアロマ効果を得ながら、読みたかった本をまとまった時間をかけて読む事が出来るので、完全に日常から切り離された自分だけの時間を持てます。なので、超リラックスして疲れを解消できています。

【時間と温度】2時間・43度

40代

何か嫌なことがあった場合、それが長風呂で解消されることはありません。非常に疲れている場合は、長風呂だと余計に疲れるので少し短めにしておきます。基本的にはお風呂の最中はかなりリラックスしていて、お風呂に入りながらアイスクリームを食べるのが日課です。

【時間と温度】1時間・40度

30代

特に冬など、一度首まで浸かると、じわーっと体が癒されリラックスします。嫌なことがあったら、お風呂の中で泣いて気分をすっきりさせます。非常に疲れているときは逆にお風呂の時間は短くし、睡眠に充てます。お風呂の中では音楽を聴いています。

【時間と温度】1時間半・42度

50代

お風呂にゆっくり時間が割けそうにない時は、潔く諦めることにしています。1人になれて、ゆっくり自分の世界を満喫できるのは、お風呂とトイレだけなので。たいていは、本を一冊持って入ります。落ちこんでいる時はクスッと笑える漫画、時間のある時は小説と言う風に、気分によって本の種類は変えています。特に疲れた日なんかは、テンションを上げるために「今日はメンテの日!」と髪の毛や顔のパックをして過ごすこともあります。

【時間と温度】1時間半・40度

30代

長風呂をするときは、ただ入っていると暇なので、スマホを持ち込んだり本を読んだりしています。入浴は、私にとっては娯楽の時間です。疲れがたまっているときは湯船の中で足裏やふくらはぎのマッサージをしたり、リラックスできる音楽を聴いたりしています。

【時間と温度】1時間15分・40度

62歳

お風呂に入りながら音楽を聴くと、リラックスします。お風呂に入って全身を浮かせるようにすると全身の筋肉の疲れがとれます。筋肉の疲れがとれれば気持ちも、ゆったりとします。細かいことを考えず、ボーっとした気分で時間を過ごすと効果的です。

【時間と温度】1時間半・40度

30代

体が疲れている時もそうですが、精神的に疲れるとお風呂に入りたくなります。入浴中は家人に声を掛けられることもほとんどないし、電話に出なくても罪悪感がないため、一番リラックスできるからです。

【時間と温度】2時間・40度

27歳

リラックスします。タブレットで映画を見たり、本を読んだりしています。おかげで本がふにゃふにゃになって困っていますが、お気に入りの本は読まず読まないといけない本にしているので問題はないです。嫌なことがあったときは、長風呂すると逆に考えすぎて落ち込むのではやく寝るようにしています。

【時間と温度】1時間・38度

28歳

長風呂によってリラックスできていると感じます。疲れも解消できています。じっとしているのは苦手なのですが、お風呂の中ではゆっくり考え事をしたり、音楽を聴いたり、本を読んだり、スマホを触ったりして過ごしています。お風呂は自分の趣味であり、他の趣味にもあてられる時間です。

このエントリーをはてなブックマークに追加